スポンサーリンク

女の子を希望しているけれど、産み分けに失敗をしたらどうしよう…

産み分けを失敗したので、もう絶望しかない…。

そう悩んでいませんか?「健康な男の子です。」と聞いてから、性別判断で泣いてしまう人もじつはいるようです。

中には、もう産みたくない、と思ってしまうなど、割り切れない方もいるようです。そこで産み分け失敗をしてしまったら?どんな風に割り切る人が多いのか?ということを見ていきたいと思います。

日本の産み分けは100%じゃない

産み分けが不安…だとか、失敗をしてしまったらどうしよう…という精神状態で辛いと思っている人もいると思います。

あるいは、女の子の産み分けを希望していて、男の子だったので、生みたくない…と思ってしまって、酷い母親だと自己嫌悪に陥っていませんか?

産み分けをためらっている人もいると思います。

ただ、これだけは知っておいてください。

日本の産み分けは必ずではなく、そうだったらいいな?程度に思っておくと良いでしょう。その理由は、だって100%じゃないから。です。

次の子の性別が確定すればあと1人産みたいという人がたくさんいると思います。ただ、それは全員ですし、あなただけではありません。

ピンクゼリーやパーコール法はもちろんですが、これから産み分けをする強い気持ちを持っている方は絶対に海外でやったほうがいいです。

ただ、その場合何百万もかかります。日本の産み分けは100%じゃないことを最初から頭にいれておいて「それでもいいのか?」ということを問いかけておきましょう。

皆に話して心の整理をつける

産み分けに失敗をしてしまった場合も、泣き続けて、家族、友人に話を聞いてもらい心の整理がついた。という人は多いです。

あとから、後悔しても遅いので、失敗をして落ち込んでいるという方も心の整理をつけるために、話を聞いてもらうことが大切です。

絶対に女の子は欲しいので…という場合は、海外に行くしか有りません。その場合も、成功をするとは限らないのです。話を聞いてもらい、気持ちを整理することが大切です。

誰に何を言われても女の子欲しい人は欲しい、それならまた頑張ろう

心の声を誰かに吐き出し、思い切り泣いたとしても、それでも女の子がほしいと諦めきれない人はいると思います。

男の子だって可愛いのはすごく分かる…。だけど女の子が欲しい…。

そんな時は海外での産み分けも考慮してみることがおすすめです。

かなりのお金がかかりますが、女の子の為ならそのくらい苦痛でも何でもない。という人もいるはずです。

そうなると、また前向きに妊娠をとらえられるのではないでしょうか。

産まれたら変わることも

このように、希望する性別ではない赤ちゃんだった場合、結構落ち込む人は多いみたいです。

ただ、生んだあとにはこのように思う人もいるようです。

「性別なんてどうでもよかった」

「気持ちを切り替える必要なんてなかった」

産まれるとやっぱり自分の子どもはかわいいし、気持ちの切り替えなんて考えなくても、知らない間に切り替わっています。ショックを受けていたことも、今となっては笑い話になる人も。

妊娠中って、気持ちの浮き沈みが激しくなりがちです。考えても仕方がないことを、わざわざ考えて暗い気持ちにならないことも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

産み分けをする場合、女の子を希望する方はとても多いです。実際に私もそうでした。ただ、希望どおりに授かるとは限りませんし、失敗をして、落ち込んでいるという人もいるでしょう。

絶望だったり、落ち込みを感じたりしている人や、自己嫌悪に陥っている人もいると思います。

そんな気持ちも、周りに吐き出してみたり、本当に本気なら、また次回、本気で産み分けをやってみることも一つの方法です。

ただ、生まれてくると気持ちはがらりとかわり、切り替える必要がないケースもあります。

落ち込んでいる人も、是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事