スポンサーリンク

妊活で使われているピンクゼリーですが、痛い…と感じている人はいませんか?

また、使う前に痛いのではないか…とちょっと不安を感じている人もいませんか?

そこで、ピンクゼリーは使う際に痛いのか、その原因や、対処法についてもご紹介したいと思います!

結論から言うと、クリニックのものよりも、通販のもののほうが痛くないので、おすすめです!

ピンクゼリーが挿入時に痛いといわれる理由とは?

ピンクゼリーについては、挿入時に痛いと感じる方もいるようです。

そこで、ピンクゼリーが痛い理由について調査してみました!

ピンクゼリーが痛い理由
  • 注射器型の注入器
  • 入れる時の摩擦
  • 緊張している
  • 入れる方向が間違っている

これらが原因で痛いと感じている場合があります。

デリケートな部分になりますし、痛いのって恐いですよね。緊張しているために痛いという理由だったり、入れる方向が間違っているケースもあります。

このため、使う場合には、潤滑剤を使ってみたり、自分の膣の挿入角度を事前に把握し、何となくこの角度で入れると痛みが少ない方向を知っておくといいかもしれません。

エッグサポート潤滑ゼリーを使うと、膣内を最適な粘度とph、精子の浸透圧を保つことができます。

ピンクゼリーが痛くないようにするには

ピンクゼリーが痛い…と悩んでいませんか?

痛くないように使うには
  • タンポンのように使ってみる
  • クリニックのものよりも通販のもののほうが痛くない
  • 説明書をよく見る

実は、クリニックのものよりも、通販のピンクゼリーのほうが使いやすくなっています。

タンポンは使ったことありますか?

ジュンビーなどのピンクゼリーはもちろん、容器の構造はほぼタンポンと一緒です。

なので自分で簡単に入れられるようになってます。タンポンと同じような挿入の方法で入れると、痛くはありません。

通販のピンクゼリーと病院のピンクゼリーとの違い

 

ピンクゼリーといっても、病院のものと通販で販売されているものがあります。

通販のものは、病院のものよりも「簡単」だし痛くないのでおすすめです。

簡単に言うと使用方法にはこれらの違いがあります。

ジュンビーのピンクゼリーの使い方
  • 病院のものは湯煎が必要だが、通販のものは湯煎の必要なし!
  • 1本ずつ使い捨てなので消毒の必要なし!
  • 成分の記載されているので安全性も高い
  • 先端にあるキャップを外して、シリンジを膣内に差し込むだけ
  • 注入すると流れ出ずにとどまる

このように、病院のものよりも、使い方はとても簡単です!

湯煎いらず、使い捨てなのはもちろん、注入するだけで、潤滑剤としても使えますよ。濡れにくい体質で、性交痛がある人にも効果的でしょう。

子どもがいると挿入までの準備に時間がかけられないことが多いので、かなり助かります。

通販のジュンビーというピンクゼリーの先は綺麗な流線形でつるんとしています。なので痛みも少ないと思います。

ジュンビーの話題のピンクゼリーの公式サイトはこちら

ジュンビーの(通信販売)ピンクゼリーの正しい使い方

ジュンビーのピンクゼリーの使い方はとても簡単です!

公式サイトにも詳しく記載されていますし、難しいことも有りませんので、ぜひお試しください。

クリニックの方のものが優れていると思われがちですが、実は、こちらの方が開発、製品化されたのが最近なので、近年の医療技術を活かした成分が配合されています。

通販で購入できるピンクゼリーは産み分け成功率が高かったり、曲線になっていて、痛みが少ないことも多いです。

そして、実際に使いやすい工夫がされているというのが大きなメリットです!

まとめ

ピンクゼリーが痛い…という場合は、通販のもののほうが痛くないので、クリニックのゼリーよりも、通販のジュンビーのピンクゼリーをおすすめしたいと思います。

痛みが先は綺麗な流線形でつるんとしています。おかげで他のピンクゼリーが痛いと思っている人も、痛みはまったく感じずに挿入できる人も多いです。

容器はタンポンのインジケーターに近いですし、むしろタンポンの先端のギザギザの方が痛い場合もあります。

クリニックでもらったものが痛いという方は、ぜひ通販のものを試してみて、説明書を読みながら、痛いとされている原因を考えながら、トライしてみてくださいね。

痛みが少ないピンクゼリーなら「ジュンビー社の通販で買えるピンクゼリー」がおすすめ!

ジュンビーから出ているピンクゼリーについては、特許も取得していて、安全性もとても高いです!

女の子の産み分けについても8割近くという高確率、そして使い切り、そして湯煎いらずで使えるなど、工夫されているのも魅力ですので、痛みが気になる方は、こちらをぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事